アミノ酸ができる過程

アミノ酸はどのようにつくられ、そして、どのように体内で使い分けられているのでしょうか。普段知る機会のあまりない、アミノ酸の働きを知ってみましょう。

食事から摂って吸収されたアミノ酸は、体内のタンパク質の合成に使用されたり、遊離アミノ酸の状態で、細胞の中や血管の中を巡って、臓器などの働きのために、必要な時すぐに働けるように準備しています。タンパク質の分解で生成したアミノ酸も含め、体内に遊離で存在しているアミノ酸はアミノ酸プールと呼ばれ、ここから新...

アミノ酸が体の中で不足してしまった場合に、糖や脂肪のみから、アミノ酸が作られることは全くありません。アミノ酸を構成するのに必要な窒素が、糖や脂肪には含まれていませんので、これらだけで作られることは無いのです。また、20種類のアミノ酸を含んでいる食事を摂ったとしても、体が必要としているアミノ酸の全ての...

アミノ酸からアミノ酸を作り出している、体内の仕組みの限界の一つが、必須アミノ酸に関しているものですが、もう一つの限界というのは、体が病気や運動のために、特別に行われるアミノ酸への要求度が高くなった場合への対応能力なんです。人間の身体は、必須アミノ酸を別のアミノ酸より作り出して供給していこうとするので...