人間はアミノ酸でつくられている

私たち人間の血管や皮膚、そして爪や筋肉の構造をつくっている主成分はタンパク質と言うのはご存じですか。

 

カルシウムが固まっているのようなかたい骨や歯も、このタンパク質が大きな役割を果たしているのです。

 

それというのも、私たちの身体の組織や臓器の中でのタンパク質の働きというと、細胞が自滅しながら、タンパク質を大量に分泌したり細胞内に蓄積して形成して働いているのです。

 

人間に体内の細胞は、細胞膜で覆われていて、一つのものとなっていますが、これらを覆っている細胞膜の主な成分はタンパク質やリン脂質です。また、細胞内では呼吸をするために行われる細胞分裂など、様々色々な代謝をしていくのに大切な酵素が含まれています。また、この酵素もタンパク質からできているんです。
体の筋肉などの場合は、細胞の中に筋肉を作り上げるタンパク質を貯めこむことで、筋肉特有の働きをしているのです。

 

これらのように、タンパク質は私たちの身体を構成している基本的な物質だと言うことは知っていただけたと思いますが、このたんぱく質を支えているアミノ酸も、私たちにとって本当に重要なものなんです。
人それぞれ個人差はあるとは思いますが、私たち人間の身体の約20%がタンパク質からできているのですが、初めてこれを知ったときは驚きました。
そして、このタンパク質を構成しているのがアミノ酸です。
これらのタンパク質別に、20種のアミノ酸をどのように並べていくのかが、体の中の、個々のタンパク質に対しての遺伝子によってしっかりと決められているのです。その遺伝子によっての、色んな並び方の多様性が、それぞれのタンパク質や酵素などの個性をそれぞれ生み出しています。

 

タンパク質とアミノ酸の関係がつながったものだとこれでおわかりいただけたかと思いますが、それでは、タンパク質を全てアミノ酸にばらして考えた時は、どれほどの量のアミノ酸が、私たちの身体に含まれているのかとっても気になりますよね。
しっかりと行う計算はさておき、体に含まれているタンパク質の量を、そのままアミノ酸の量に置き換えて考えると、私たち人の体の20%前後を占めているのがアミノ酸からできていることになるんです。例えば体重50kgの成人した方であれば、約10kg程度のアミノ酸をタンパク質という形で身体の中にため込んでいるのです。成人した大人の方の体重の約半分が体内水分量だと言われていますので、水分を取り除いた体重の中でも半分近くにもなります。

 

上記の様に、タンパク質をアミノ酸に置き換えて考えたみたのですが、これらはひとえにタンパク質が化学構造的にアミノ酸を単位として理解できるという無機的な理由からではなく、何万種というものすごい数のタンパク質の合成や分解の全てが、細胞内で浮遊しているアミノ酸分子同士をくっつけたり、逆にアミノ酸分子」という単位に切り離すという形態で行われているからです。
一部の例外を除いて考えると、タンパク質は構成アミノ酸に分解されながら、新たにアミノ酸を必要材料として合成されている動的な物質と言えるのです。

 

なお、このページでは、タンパク質を構成しているアミノ酸を主に説明してきましたが、タンパク質を構成しているアミノ酸であっても、遊離したアミノ酸の状態で、血液や臓器中で一定の量のアミノ酸が常に働き続けています。
アミノ酸が独自にで体の中で存在している意義や、各アミノ酸の働きや効果などについてもご紹介していきたいと思います。