糖より先に脂肪を燃やす

運動の持久力の向上図るためには、引き締まった強い筋肉を作るために重要です。

 

マラソン選手やスポーツ選手などの体格を思い浮かべていただければわかると思いますが、過酷な運動をしているマラソン選手やスポーツ選手の筋肉はとても引き締まっていますね。持久力を高めるために、高所トレーニングをすると聞きますが、これは血液の酸素運搬能力を高めるのが狙いだと言われています。また、運動のエネルギー消費という点では、体の筋肉のエネルギー源として、脂肪をできるだけどれよりも優先的に使わせるようにできれば、持久力の向上につながると言えます。

 

私たち体の筋肉は、本来、ブドウ糖やグリコーゲンを先に使う働きがあり、これらの糖類が無くなってくると、脂肪やタンパク質がエネルギー源になっていくのです。ところが、困ったことに筋肉が糖類をエネルギー源にした場合においては、乳酸が筋肉内に蓄わえられたり糖が減少してくると、血糖値が正常よりも低下してしまい、意識がもうろうとしてしまうなど現象が起きてしまう恐れがあります。ですから、糖よりも脂肪を優先的にエネルギー源に使うようにすることで、苦痛を減らすことにもなりますし、持久力を高めることにもなるのです。そして、これをダイエットの方法で見てると、無理のない運動で体脂肪の燃焼を促せる上に、筋肉も強化できるというダブルのメリットがあるというわけなのです。

 

スズメバチの研究から

持久力の高いスズメバチの生体についてのユニークな研究が行われました。これは、スズメバチの幼虫が分泌する液のアミノ酸組成に注目して行われました。スズメバチは体調が約5cmほどの小ささにもかかわらず、1日になんと約100kmもの距離を飛び回っているといわれています。人間が1日に歩ける距離は、約40kmと言われていますから、その2.5倍ですね。人間とスズメバチの体の大きさの差を考えてみると、その距離は信じられないくらいの長さです。

 

そのパワーは一体どこから出ているのでしょうか。それについては、【スズメバチのパワーの秘密はVAAMにある】にて紹介していきたいと思います。