肌のやわらかさはコラーゲンから

角質を含む表皮が、バリアの主体とすると、その下にある真皮層は、表皮を支えて皮膚に弾力を持たせるクッションの役割りを果たしています。また、真皮層には毛包や汗腺、皮脂腺が固定されています。

 

真皮の弾力性は、人間の持つ肌の美しさに最も深い関係があると言われています。女性の悩みのひとつでもあるシワは、表皮の変化よりも、真皮層の弾力の低下や、収縮などによる原因が大きいと言われているのです。

 

この真皮層の弾力は、タンパク質の一種であるコラーゲンとエラスチンの特性によるものです。皮膚の水分以外の重量の70%をコラーゲンが占めているのです。

 

私たち人間の体を構成している、全タンパク質の約30%がコラーゲンで、皮膚のコラーゲンはその主なものなのです。コラーゲンには、アミノ酸組成の上で見ると、他のタンパク質と大きく違う特徴があります。

 

タンパク質を構成しているアミノ酸は20種類もあるのに、コラーゲンを構成しているアミノ酸のうち3分の1はグリシン、9分の2がプロリンです。つまり、コラーゲンの半分以上はグリシンとプロリンでできているのです。また、コラーゲンを構成しているプロリンのうちの半数は、コラーゲン分子が作られていく途中で、酵素の作用を受けてヒドロキシプロリンというアミノ酸に変換されています。ヒドロキシプロリンは、コラーゲン特有のアミノ酸なので、コラーゲンの性質に関係していると考えられています。ヒドロキシプロリンは、ゼラチン質の多い食品に含まれますが、体内に吸収されたヒドロキシプロリンが、そのままコラーゲン分子中のヒドロキシプロリンとして組み込まれることはないようです。しかし、無駄になってしまうのではなく、ヒドロキシプロリンは体内で代謝を受けて、別のアミノ酸であるアラニンとグリシンに変わりますので、結局はコラーゲンなどタンパク質の合成に使われているのです。

 

コラーゲンは、ケラチンのように大きな集合体をつくっていますが、ケラチンとは分子の集まり方が違っていて、水分子を多く抱え込むことのできる構造をつくります。皮膚の弾力性は、主に真皮中の主要タンパク成分である、集合したコラーゲン分子の適度な結合力と、保水性によりますが、コラーゲンに比べると1%程度の割合でしか、真皮中に含まれないエラスチンもまた、皮膚の弾力性に大きく貢献しているタンパク質と言えます。

 

表皮層では角質を供給するために、基底細胞が大いに働いて分裂を繰り返しているのに対して、真皮層では、実はあまり細胞分裂が起こっていないのです。細胞は存在していますが、表皮の細胞とは全く別の細胞なのです。これらの細胞は、細長い形態の特徴から、繊維芽細胞と言われています。真皮を埋めるコラーゲンに囲まれて、窮屈そうに散らばっているこれらの細胞が、真皮の保っていくのに欠かせない主役といえる細胞です。なぜなら、その真皮の線維芽細胞こそが、真皮のコラーゲンを合成している細胞だからなのです。

 

ケガや病気時はアミノ酸摂取が好ましい

コラーゲンは一度作られると、人間が生きている間、一生同じ機能を保ち続けるわけではありません。コラーゲンもタンパク質ですから、様々な化学反応を徐々に受けて、性質が低下していってしまっているのが現状です。そのため、線維芽細胞は、周囲にある古いコラーゲンを分解しながら、新しいコラーゲン分子を合成して細胞の回りに供給する働きをしているのです。細胞分裂よりも、コラーゲンの分解と合成が、真皮線維芽細胞の主な働きと言えます。

 

しかし、分裂というところでは、通常は比較的おとなしくしている線維芽細胞も、皮膚に怪我をして真皮層に亀裂が入ったときなどには、眠りから覚めたように急速に分裂を始めます。もちろんコラーゲンも分泌します。このようにして、皮膚の傷が修復されていき、修復が終わってしまうと線維芽細胞は再びおとなしくなって、通常の状態に戻るのです。皮膚が傷を受けた時には、細胞は分裂する働きをしなければならないので、もちろん普段よりは、エネルギーやアミノ酸を多く必要とするのです。

 

真皮細胞に、これらの成分を供給しているのは、表皮細胞の場合と同様、皮膚の毛細血管です。皮膚に受けたものが、小さい傷であれば、必要な栄養成分に不足することはあまりありませんが、大きな傷や、火傷を負った場合などには、傷口部分の細胞に対する栄養供給不足は、皮膚の傷の治りを遅らせてしまったり、感染症などの危険性を高めることにもなってしまいます。その対策としてグルタミンを摂ることや、点滴の有効性が良いと言われています。病気や怪我をしている時には、通常の時以上に、アミノ酸を摂ることに配慮していく必要があると言えます。